top of page

アメリカ 月次資金繰り表作成のための集計エクセル作成

クライアント業種:化学製品商社

期間:スポット(1ヶ月以内)


背景

クライアントは、会計ソフトウェアから親会社グループが使用するMicrosoft Dynamic 365(MD365)に移行しました。

それに伴って、毎月親会社から月次資金繰り表への実績値入力方法も新たに求められることになりました。


内容

MD365では、勘定科目や取引先・得意先ごとにCash Group Codeを設定することが可能です。

親会社からの資金繰り表が日本語であったため、求められる項目を英訳し、かつそのCash Group Codeを割り当てた集計エクセルを作成しました。

MD365から預金勘定(複数勘定可)の元帳をダウンロードして貼り付けることで、月次資金繰り表へ自動で変換されるように設定しました。

さらに、前月の残高確認やイレギュラーな支払いなどのチェック項目を追加し、担当者がセルフレビューできるようにしました。


コメント


​最近のNEWS 10件

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Tags
Archive
bottom of page