Question:物品の輸入に関して付加価値税(VAT)が必要ないケースがあると聞いたのですが、どんな場合でしょうか?

April 20, 2018

Answer:

1. IEATがIEAT Free Trade Zoneに適用される税務恩典の中には、製品の製造に使用される機械、設備、機材、原料等にかかる輸出税、輸入関税、付加価値税(VAT)、物品税について、免税を含むものがあります。

 

2. 例えば、日本の親会社の製品を、タイの子会社(商社的役割)が窓口となって、タイ国内顧客に納品する場合、タイ子会社がImporter, 国内顧客がConsigneeとして通関手続を行うと、物品の輸入の課税点は通関地点であるため、国内顧客が税関に輸入関税及びVATを支払い、タイ子会社としては輸入VATの納付義務は発生しません。VAT普通税率課税取引となり、国内顧客に取ってはVAT二重課税されることとなります。この場合、タイ子会社は税関が発行したVATの領収書のコピーを国内顧客から入手しておくことで、VAT課税は免除されます。No.40第2項(9)

 

Source : http://www.rd.go.th/publish/3399.0.html 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそ...

タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © JPAC Group Japan Desk, All right reserved