タイ 子作り支援のための税制優遇の開始

2036年に総人口の3割が高齢者になるという予測を受け、タイ政府は2018年1月16日閣僚会議において少子化の流れを阻止するため、子作り支援のための税制優遇パッケージを認可しました。

この税制優遇パッケージでは、2018年以降に第二子以上の出産について、所得控除上限を現在の倍の6万バーツになります。

および、出産に関わる経費は、2018年1月1日以降、実費又は6万バーツまでを個人所得控除できるとしています。

さらに、子育て世代の就労支援のため、託児所併設の事業所増加させるべく、2018年1月1日~2020年1月1日の時限措置で、託児所施設整備費の2倍相当額(ただし100万バーツ以下)までの法人税の所得控除も認可されました。

参照:2018年1月16日付第8/2561号官報掲載https://www.mof.go.th/home/Press_release/News2018/008.pdf

#タイ #優遇税制 #所得控除

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts
Recent Posts