タイ 「電気・電子機器廃棄物法」案、年内にも成立か

September 5, 2018

2018年8月27日、タイ汚染管理局が電気・電子機器廃棄物法案をタイ内閣に提出したことが、スワンナー・ティアスワン副局長によって発表されました。

この法案は、日本の家電リサイクル法に当たるものです。

近年、タイでは電子機器・プラスチック廃棄による汚染の問題が議論されており、

同法案の草案は数年前から検討されておりましたが、業界からの猛烈な反対があり法制化が遅れていました。

法案では、特定製品について製造者が責任をもって、不要となった電気・電子機器を回収・廃棄することを義務付けるもので、

今後は下記の見通しが予測されております。

  • タイ国民立法議会により、年内にも官報公示後1年の猶予期間を設けて施行されること

  • コンピュータ・携帯電話端末・エアコン・テレビ・冷蔵庫の5品目からスタートし、段階的に太陽電池や電気自動車バッテリーも対象にすること

 

タイ汚染管理局ホームページより

http://www.pcd.go.th/file/Draft-PCD-20180831-1.pdf 

在ワシントンD.C.タイ国大使館ニュース

http://thaiembdc.org/2018/09/04/tough-law-on-electronic-waste-heading-to-cabinet/

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそ...

タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © JPAC Group Japan Desk, All right reserved