タイ 固定資産税法可決 2020年施行予定

November 21, 2018

2018年11月16日、タイ国民立法議会(NLA)本会議において、「土地および建物税法令(固定資産税に相当)」案が第3回目の審議を通過し可決しました。

全94条から成る本法案によって、既存の土地・家屋税法と地方復興税に関する12の法律を廃止され、新法に置き換えられます。

所得税格差是正と社会公正を目的として歴代の政権により法案が作成されてきましたが、度重なる政権交代により廃案となってきました。

 

NLAの法案審議委員会が修正を加えた法案では、農地、宅地、商業工業用地で税率が異なりますが、

商業工業用地の税率は評価額に応じて下記のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・遊休地の場合も同じ税率で、未開発のまま放置すれば、3年毎に0.3%が上乗せるされることになります。(上限は3%)

・納税日は毎年5月と規定され、期日内に納めなかった場合には40%の追徴金が課されます。

 

 

タイ国民立法議会2018年11月16日議案No. 63/2561

https://www.senate.go.th/view/1/การประชุมสภานิติบัญญัติแห่งชาติ/mt42710/TH-TH

法務審議委員会が提出した修正案

http://library.senate.go.th/document/mSubject/Ext84/84023_0001.PDF

関連記事:タイラット紙ホームページより

https://www.thairath.co.th/content/1423623

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそ...

タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © JPAC Group Japan Desk, All right reserved