棚卸資産管理①-滞留棚卸資産の分析

国名 : タイ

セグメント : 設備製造業

案件種別1 : 会計コンサルティング

案件種別2 : 管理会計

日付 : 2016年5月 から 1か月

支援内容 :

クライアントはExpress Accountingを使用され、購買管理・棚卸資産の出納管理を行っておられました。しかし取扱う棚卸資産が鋼材などの主要原材料、買入部品、消耗工具、消耗品が多岐に及び、さらに特定の案件にしか使用されたない特殊品も頻発しており、統一的な管理が難しい状況にありました。

弊社からは、第1段階として、下記のご支援をさせていただきました。  1.滞留している物品の特定 Express Accountingからはテキスト形式(.csv)での出力しかできず、そのままでは分析が出来ないため、容易にソートが出来るようなエクセルを開発しました。 棚卸資産担当者のご協力のもと、滞留物品の場所の特定、今後の利用状況等をまとめマネジメントの意思決定が出来るよう報告にまとめました。

 2.単価・数量変動の異常を分析 Express Accountingでは、システム内部で先入先出法により単価が自動的に変動されるため、過去に異常な単価で仕入れた場合、その物品の費消により原価計上されるまでタイムラグがあります。判明した原因は購入単位の違い(ケース単位、ピース単位)によるものがほとんどでしたが、納期が間に合わずやむなく空輸したなどの特定の事由があるものもあり、サマリー及び今後の取るべき対策を報告しました。

#棚卸資産管理 #ExpressAccounting #原価計算 #滞留 #異常分析 #タイ

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts
Recent Posts