タイ 上場企業の法定監査のローテーション制度の改正

2018年12月3日、タイ証券取引等監視委員会(SEC)のRaphee Sujaritkul事務局長は、会計監査人の独立性を高め、財務報告の投資家への信頼を高めるため、国際標準に合わせて既存の上場企業の会計監査人のローテーション制度を改正することを発表しました。

現行:

最長継続任期5年、最短インターバル2年

2019年1月1日より:

最長継続任期7年、最短インターバル5年

ただし、影響を軽減するため2019年~2023年の間は猶予期間が設けられ、小規模の監査法人に関しては、任期が3年以上5年未満のクライアントへの法定監査は最長で9年まで継続期間の延長を認めるとのことです。

タイ証券取引等監視委員会(SEC)ホームページより

https://www.sec.or.th/th/Pages/News/Detail_News.aspx?tg=NEWS&lg=th&news_no=161&news_yy=2561

#タイ #証券取引等監視委員会 #SEC #会計監査

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts
Recent Posts