タイ スーパーセーブファンド(SSF)の導入について

December 5, 2019

2019年12月3日の閣議において、今年いっぱいで税制優遇が終了する長期株式投資ファンド(以下、「LTF」)に代わる、新たな節税金融商品スーパーセーブ・ファンド(以下、「SSF」)の導入を承認しました。

LTFと同様、長期貯蓄を促進することを意図して設計されておりますが、主な違いは下記のとおりです。

 

LTF

・最大所得控除額・・・課税所得の15%または最大50万バーツ

・保有対象7年間

・投資金額に対する税制優遇は2019年で終了(投資自体は継続可能)

 

SSF

・最大所得控除額・・・課税所得の30%または最大20万バーツ

※退職年金型ミューチュアル・ファンド(以下、「RMF」)、厚生年金、公務員年金基金、国民貯蓄基金、年金保険料などと合算して最大50 万バーツ

・保有期間10年間

・最低拠出・継続拠出の条件なし

・投資金額に対する税制優遇は2024年まで

 

また、閣議はRMFの条件の修正も合わせて承認しました。これは低~中所得層の投資を促進することを意図とされております。

これまでRMFは「所得の3%または最低5000バーツ」という最低拠出条件が定められておりましたが廃止されました。

および最大所得控除額は課税所得の30%へと引き上げられました。

 

2019年12月3日商務省ニュースNo. 146/2562より

https://www.mof.go.th/th/view/attachment/file/3134353236/ข่าวแถลงกระทรวงการคลังฉบับที่%20146-2562%20(กองทุนรวมเพื่อส่งเสริมการออมระยะยาว).pdf

 

2019年12月3日バンコクポストより

https://www.bangkokpost.com/business/1807794/super-savings-funds-to-replace-ltfs

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそ...

タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © JPAC Group Japan Desk, All right reserved