タイ 早期退職に関するご相談①

December 26, 2019

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2019年10月~11月

 

1. 経緯

クライアントの従業員様の中に勤続20年以上の方がおられ(以下、「A氏」)、双方の話し合いの結果、A氏の次のキャリア形成およびクライアント(以下、「会社」)側の人事計画において、早期退職を選択されることが双方にとってメリットをもたらすものであるという結論に至りました。

また、A氏は業界において様々な知見や交流関係を有する方でしたので、退職後も引き続き外部アドバイザーとして会社の特定のプロジェクトに関わっていただくことも合わせて合意されました。

 

 

2. ご相談及び支援内容

弊社がご相談を頂いた内容および支援させていただいた内容の概略は下記のとおりです。

 

      (1) タイにおける早期退職にかかる割増退職金の事例収集

3社の事例を紹介。ただし、業種・規模が異なり単純比較が困難なため、会社の支払原資の計画、日系企業として日本の基準も参考にしながら、時限的・個別的な制度策定の検討を提案

 

      (2) 早期退職に関しA氏と取り交わすべき文書

退職日、退職金・退職月の給与など最終的に受領する金額の内訳、守秘義務、備品の返却義務などを定めた合意書の作成

 

      (3) 早期退職にかかる税務論点   

            ①会社の源泉徴収義務について    

            ②A氏への退職一時支給金にかかる経費控除について →次号で解説

 

      (4) 会社とA氏との外部アドバイザリー契約書作成

業務内容、報酬額 (VAT含む)、支払条件、終了条件、守秘義務、競業避止義務などを定めた契約書作成

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

今回はタイで有名な書籍をご紹介いたします。

著者であるティプワニー・サニットウォンは1932年生まれの作家で、英語、フランス語、ドイツ語を勉強した知識人であり、造詣が深いタイの芸術・工芸品に関する書籍を何冊も執筆されました。

「祖父母がまだ子供だったとき」は、ラーマ6世およびラーマ7世の時代(1910~...

タイの書籍:「祖父母がまだ子供だったとき」

January 31, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive