タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

 

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそのような慣習を耳にする頻度が多いように思います。

今回のクライアントからは、その中で金額的な基準の有無についてお問い合わせをいただきました。

 

1.国家汚職防止委員会(NACC)告示

タイにおいては、NACCが「公務員の資産およびその他の利益の受領に関する倫理規程」を2000年に公示しました。(直近では2018年に汚職防止法の改正があり、同倫理規程も新しく2020年3月に公示されました。)

その中で

第4項:収入と見做されるその他の利益とは、価値のある物品、値引、接待、役務提供、研修、およびそれらに類似するもの

第6項:公務員が親族以外から受領する場合、一回あたり上限3,000バーツ

第7項:3,000バーツを超える場合は、上司への報告と許可が必要

などが規定されています。

なお、3,000バーツ未満であれば許容されるということではなく、不正な意図をもった贈答は贈収賄とみなされると認識し、適切な社内ルールが必要です。

 

2.罰則

公務員への贈賄については、贈賄を行った個人に対して刑事責任が科せられるだけではなく、適切な内部統制措置を備えていない法人も処罰の対象になります。

 

法人:従業員が供与又は供与の申出を行った試算その他の利益の額の1~2倍の罰金(汚職防止法第123/5条)

個人:5年以下の懲役または10万バーツ以下の罰金、または併科(刑法第144条)

 

 

参考リンク

・2020年3月13日国家汚職防止委員会(NACC)告示

http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2563/A/020/T_0017.PDF

 

・商務省企業開発局が作成した汚職防止法第128条のガイドライン

https://www.dbd.go.th/download/article/article_20200827104509.pdf

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそ...

タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © JPAC Group Japan Desk, All right reserved