タイ商業省、外国人事業法の規制業種見直しへ

June 19, 2018

タイ商業省は2018年6月18日のニュースで、外国人事業法のリスト3にある5業種を規制業種から除外を検討していることを発表しました。

(※リスト3の活動は、現行法では「タイ国民がまだ外国人と競争する準備ができていない事業」で、外国企業は、これらの活動に参加する前に外国事業免許を申請し、取得する必要がある業種です。)

同日発表のバンコクポスト紙の記事によりますと、具体的な業種は下記の通りで7月に外国事業小委員会の審議にかけられるとのこと。

  • 会計

  • 子会社向けの法務サービス

  • 場所や施設の賃貸借

  • 子会社への貸付

  • コンサルティングサービス

Kulanee Issadisai,

クラニー・イサディサイ事業開発局長によれば、この5業種の解禁方針は、投資委員会(BOI)、タイ中央銀行、タイ工業団地公団(IEAT)、会計職業人連盟(FAP)、弁護士協会などの関連機関のほとんどから自由化について同意を取り付けており、早ければ閣議を経て9月の施行を目指しているとのこと。

 

商務省ニュース

http://www.moc.go.th/index.php/moc-news/สรุปข่าวที่เกี่ยวข้องกับกระทรวงพาณิชย์/item/สรุปข่าวที่เกี่ยวข้องกับกระทรวงพาณิชย์-วันจันทร์ที่-18-มิถุนายน-2561.html

バンコクポスト紙

https://www.bangkokpost.com/business/news/1487298/five-services-to-lose-protection#cxrecs_s

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

(留意事項)掲載事項は、掲載時点における情報であり、その後の法令等の改正によっては、実際の取扱いが掲載内容とは異なるおそれがあることをご理解下さい。また、この情報を参考にされ、何らかの意思決定をされる場合は、弊グループをはじめ必ず信頼できる専門家の助言を受けた上で実施していただきますようお願いいたします。

Featured Posts

国名 : タイ

セグメント : 化学製品製造業

案件種別 1 : 法務・税務コンサルティング

日付 : 2020年8月

経緯:

タイにおいては、取引先への接待のみならず、日々お世話になっている公務員(歳入局の方など)にお歳暮をお届けしたり、食事にお誘いするという慣習が存在します。特にバンコクよりも地方の方がそ...

タイ 公務員への接待交際費に関するご相談

October 6, 2020

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright © JPAC Group Japan Desk, All right reserved